抜け毛と育毛で気を付けること

発毛を促進させるためには、やってはいけない方法がいくつかあり、生活習慣病と発毛には深い関わりがあると考えられています。発毛を促す秘訣と併行して、髪にマイナスなことをしていては元も子もないですよね。お酒の飲みすぎなどは発毛にとって好ましくありません。

飲酒そのものが髪によくないというのではないでしょうが、一定量をオーバーした酒量に伴って血行が悪くなるんです。それどころか、肝臓を飲みすぎて酷使すると、髪の元となっているたんぱく質がきちんと作られなくなります。

お酒を飲みすぎないように注意して健やかな頭皮をキープしましょう。客観的に喫煙自体が髪へもたらす影響は明らかにされてはいませんが、タバコの吸いすぎも発毛にはよくないといえます。血管を圧縮させ、新しい髪をつくるための栄養が届かなくなってしまうのです。

それで発毛にマイナス要因だといわれているのです。いき過ぎたお酒とタバコは発毛だけでなく健康にも悪い影響が出るので、普段のライフスタイルから見直していきましょう。

発毛にとって寝不足は負の要因となってしまいますが、それに対して午後10時~深夜2時ごろによく寝るようにすると、細小動脈が拡張して新陳代謝が盛んになるので、発毛にとってはとても良い生活習慣ですからおすすめです。

つまり毛髪は夜によく成長するということです。度が過ぎるストレスは血管を収縮をさせて、脱毛の原因になってしまいます。というのも、血管を収縮し頭皮の栄養が行き渡りにくくなる原因となるからで、ストレスは発毛にとって障害になるものなのです。

普段の日常生活においてフラストレーションを発散させることが発毛のためには重要なのです。どんな形でも構わないのでイライラ感を解決することを意識しましょう。発毛のために良い日常スタイルを心掛けることで健康にもつながります。よく眠り、バランスの良い食生活をし、ストレスを解消するように気を付けてください。

発毛を促すやり方の一つに、頭皮の血行を活性化させ代謝サイクルを活き活きさせる方法があります。毛髪には、地肌から表れている黒い部分、毛幹と、地肌の中にある毛根と毛球とがあります。一般的に私たちが髪と呼ぶ部分は毛幹で、これはとっくに死滅した細胞であり、毛幹そのものに新しい髪を生み出す働きはないです。

髪となって伸びる部分は地肌の中にあり、毛根の部分にある毛母細胞が分裂することで毛が生えてくることができるのです。髪は頭皮を損傷から守り有毒物質を体外に押し出すなどの役割をになっていて、その役割が終了したら当たり前のように抜けていきます。

自然な脱毛と同時に新しい髪が生えて常に同じ本数を保つことができれば、それが正常な毛髪サイクルといえます。脱毛と発毛の周期を毛髪サイクルといい、4年~8年といわれています。この際に毛母細胞の分裂を促進させてくれるのは、毛細血管から血液を通じて運ばれてくる栄養や酸素というわけです。

発毛を促進させるためには、まずこのような血行を促進することから始めることが望ましいでしょう。毛母細胞は大人の体中でも活動が盛んな細胞なので、豊富な栄養や酸素が必要です。

頭皮の毛細血管を通じて栄養成分が届けられるので、マッサージにより頭皮をもんで刺激を与えることが必要です。血管を拡張して血行を促進するには、サウナや簡単な体操などをすることが有効で、発毛促進にも効果のあるやり方です。